レセコン導入で費用対効果抜群!

Latest

レセプトの記載事項

パソコンで管理

■レセプトの記載事項
電子カルテにも患者の診察録という重要なことが記載されていますが、レセコンで作成されるレセプトにも、以下の重要な個人情報が記載されています。

・保険者の番号や、保険証の記号番号
・いつの診察分か
・患者の指名や生年月日
・傷病
・診療開始日と転帰
・診療にかかった実日数

などです。

導入の注意点

診療報酬明細書作成

■電子カルテ導入の注意点
・導入時、不慣れのために少し混乱になる恐れがある
・停電時、システムダウン時の危険性
・レセコン同様、スタッフ同志のコミュニケーションの希薄化の危険性
・導入時の費用や、維持費用などもかかる
・スタッフの情報処理能力の向上が必要不可欠
・医師自身の作業量の増加

導入のメリット

看護婦の絵

■電子カルテ導入のメリット
・保存紙カルテやフィルムのスペースを空けることができる
・カルテを院内で移動させる必要がなくなる
・診療とレセコン(レセプト)の処理の一体化が可能
・情報をまとめてデータベース化することができる
・カルテ改竄の不正防止につながる
・情報の開示をすることができる
・カルテの手書きをなくせる
・カルテの書き換えの必要性がなくなる
・診療情報の多目的利用が簡単に行える
・医療機関ネットワークの構築
・患者の待ち時間の短縮化

それぞれの利点

外国人ドクター

■連動型と一体型の利点
一体型は、基本的にデータベースが共通となっています。
そのため、診察室で診療点数を把握できることが一体型の大きな利点といえます。
ただ、コンピュータがシステムダウンした場合あは電子カルテとレセコンのが同時に止まってしまうため、混乱してしまうことが予想されます。

連動型の大きな利点を挙げると、電子カルテとレセコンがそれぞれ別々に特化しているソフトウェアであるということです。
また、一般的に柔軟性や自由度が、連動型に比べ一体型のほうが高いと多くの医療機関などで評価されています。
電子カルテとレセコンがそれぞれ別のシステムを連携させているため、同時にシステムをダウンすることはありません。
その反面、費用として2系統(電子カルテ、レセコン)の費用が発生します。